▼記事のシェアはこちら

はじめに

骨のバルーンアートの作り方

バルーンアートでは様々な形のものを風船でデフォルメして表現する作品です。その種類は数多く、非常に単純なものから複雑なも作品まであります。特に1本のバルーンで作れる作品は簡単な物が多く、初心者の方に人気の作品がたくさんあります。

今日はそんな1本のバルーンで作れてしまう簡単な骨のバルーンアートを紹介したいと思います。骨のバルーンアートは見れば分かるように非常に単純な形をしているため、初心者でも割りと簡単に作れる作品となってます。

ただし、骨の特徴を表現する部分には多少のテクニックが必要になります。テクニックといっても、練習すれば確実にできるようになります。動画でも作り方を紹介していますので、動画を見ながら練習しましょう。



骨のバルーンアート作り方

【用意するもの】

ペンシルバルーン
ハンドポンプ

『骨のバルーンアートの作り方動画』

▼作り方解説動画(スマホの場合は表示に時間がかかります。)


【骨の作り方手順】

  1. ペンシルバルーン1本を先端から約12センチほどでハサミで切る。
  2. 切った先端のバルーンを先端約3センチ残して膨らませる。
  3. 空気を少し抜いてバルーンの口を縛る。
  4. バルーンの口元から球状のバブルを2つ作る。
  5. 手順4で作ったバブル2つを横に並べてロックツイストする。


  6. 球状のバブルをピンチツイストする。
  7. バルーンの先端から球状のバブルを2つ作る。
  8. 手順7で作ったバブル2つを横に並べてロックツイストする。
  9. 球状のバブルをピンチツイストする。
  10. 全体のバランスを整えたら骨のバルーンアートの完成。

※他にも面白いバルーンアートを作ってみよう!

ポイント

・球状のバブルがほどけないようにしっかりとロックツイストする。
・バルーンの口元からバブルを作る。
・球状のバブルが全て同じくらいの大きさになるようにする。

【初心者にオススメ!】
バルーンアートキット

おわりに

今回は初心者でも簡単に作れる骨のバルーンアートの作り方を解説していきました。骨のバルーンアートは他の簡単なバルーンアート作品の数々と同じように、1本のペンシルバルーンのみで作れるため、初心者でも少しの練習で作れる様になると思います。骨のバルーンアートはなかなか単品で作ることは少ないかもしれませんが、犬のバルーンアート作品と一緒に作ったり、ハロウィン装飾の一部として作ると面白いですね。


▼記事のシェアはこちら