▼記事のシェアはこちら

はじめに

ライオンのバルーンアートの作り方

ライオンのバルーンアートの作り方は難しいように感じてしまいますが、想像するよりも簡単に作ることができます。一見すると複雑そうなライオンのバルーンアートをそれほど難しくなく作品をつくることができるのは嬉しいですね。しかし、小さいバブルを連続して作る部分があるので、バブルがほどけないように、しっかりと掴みながら作る必要があります。動画での作成工程をよく見てライオンのバルーンアートの最も重要な部分である顔をキレイにつくりましょう。

ライオンのバルーンアートの作り方

【用意するもの】

ペンシルバルーン
ハンドポンプ


『ライオンのバルーンアートの作り方動画』

▼作り方解説動画(スマホの場合は表示に時間がかかります。)


【ライオンの作り方手順】

  1. ペンシルバルーンを先端15センチ程残るように膨らませる。
  2. 口元をねじって紐状にしてから縛る。
  3. 口元から4センチ程のバブルを2つ作り、紐状口元をの巻き付けて固定する。
  4. 球状のバブルを8つ程作る。
    (この時バブルがほどけないように注意する)
  5. 最初と最後の球状のバブルを一緒にひねって輪っかをつくる。


  6. 先ほど作った輪っかに手順2で作った2つのバブルをはめ込む。
  7. 3センチ程のバブルを作る。
  8. 3センチ程のバブルを2つ作り、一緒にひねる。
    (ライオンの前脚になる)
  9. 続いても3センチ程のバルブを3つ作り、2個目と3個目を一緒にひねる。
    (胴体と後脚にになり残った部分が尻尾になる)
  10. 残ったバブルの空気をバルーンの先端に握りながら移して尻尾を作る。


初心者にオススメ!
マジックバルーンFUN!
BOOKキット
バルーン30本+ハンドポンプ1本
+教本(全26種類)+おめめシール1枚
の初心者にうれしいお得なキット!

詳細はこちら

ポイント

連続してバブルを作る部分はバブルがほどけないように、しっかりと掴みながら作っていくところが重要です。また、胴体の部分のスペースが合うように頭のバブルの大きさのバランスをよく考える必要があります。

【初心者にオススメ!】
バルーンアートキット

おわりに

ライオンのバルーンアートの作り方はいかがでしたか?ほどけずにいくつもの小さなバブルを作るだけは大変だと思いますが、その他の手順に関しては簡単だったと思います。見た目は複雑な作品でも比較的簡単に作れるのが嬉しいですね。ライオンのバルーンアートは手軽に作れて周りから『すごい!』と思われるような作品なので、是非作り方をマスターしてみてください。


▼記事のシェアはこちら