▼記事のシェアはこちら

はじめに

バナナのバルーンアート

皆さんは普段果物を食べていますでしょうか。私は朝によくバナナを食べています。バルーンアートをやっている方は果物を風船で作れないかと考えたことがあるかと思います。実は果物のような形をバルーンで作ることは可能です。私も最初は動物や乗り物のバルーンアートを作っていたのですが、最近は果物等の食べ物のバルーンアートも作るようになりました。

特に果物はバルーンの光沢で果物のみずみずしさを再現することができるため非常にバルーンアートと合っています。そこで、当サイトでも果物のバルーンアートの作り方を紹介します。ここでは私がよく食べているバナナのバルーンアートの作り方の解説を動画を交えて紹介してこうと思います。

バナナのバルーンアートの作り方

バナナのバルーンアートの作り方は意外と簡単に作ることができます。なぜなら、1本のバルーンアートで複数の房がついたバナナが作れるからです。以下に、バナナの作り方手順を解説してますので、手順を確認しながら一緒に作っていきましょう。

【用意するもの】

ペンシルバルーン
ハンドポンプ

『バナナのバルーンアートの作り方動画』



【バナナの作り方手順】

① バルーンのを膨らませて先端を約7センチ程残す。

② バルーンの口を縛り、口から3センチ程のバブルを作る。

③ 次に、球状のバブルを作ってピンチツイストをする。

④ もう一度、球状のバブルを作ってからピンチツイストする。

⑤ 次に、18センチ程のバブルを作る。



⑥ 再び、18センチ程のバブルを作る。

⑦ 手順6のバブルを根元の部分でロックツイストする。

⑧ 手順6~7の作業を繰り返し行う。

⑨ バルーンが余れば先端の部分をハサミで切手から結ぶ。

⑩ 全体の形を整えたらライオンのバルーンアートの完成。

※他にも面白いバルーンアートを作ってみよう!

ポイント

・バブルば解けないようにピンチツイストする。
・バナナの房の部分が同じ長さになるようにバブルを作る。

【初心者にオススメ!】
バルーンアートキット

おわりに

今回は果物のバルーンアートとしてバナナの作り方を紹介しました。果物のみずみずしさを風船の光沢で表現することができるため、果物のバルーンアートはおもしろい作品にできあがります。特にバナナのバルーンアートは初心者でも簡単に作れるほど、作り方が単純なので最初に作ることをおすすめします。

今後も果物のバルーンアートの作り方を解説していきますので、更新されましたらどうぞご覧になってください。その他にも動物や乗り物のバルーンアートの作り方も紹介してますので、合わせてご覧になってください。


▼記事のシェアはこちら