▼記事のシェアはこちら

はじめに

今回はかぼちゃのバルーンアートの作り方の紹介です。かぼちゃのバルーンアートは風船で作る野菜として人気が高く、ハロウィンにも使えるので需要が大きです。しかし、ハロウィンは近年になって大きなイベントになりつつありますよね。

昔は他の季節のイベントとは異なり、そんなに注目されていなかったと思うのですが、街中で仮想したり、パーティーをする人が増えました。かぼちゃのバルーンアートはハロウィンイベント会場にあると面白いです。形もシンプルなので作り方も比較的簡単に作れると思いので、是非作れるように練習しておきましょう。



ハロウィンのバルーンアートの作り方

【用意するもの】

『ハロウィンのバルーンアートの作り方動画』

▼作り方解説動画(スマホの場合は表示に時間がかかります。)

※今回の動画は当サイトの管理人が作ったものではありません。ご了承ください。



【ハロウィンの作り方手順】

  1. ペンシルバルーンを先端約7センチ残すように膨らませ、口元を縛る。
  2. バルーンの口元に指を突っ込み、突っ込んだ部分ば出てこない用に指を抜く。
  3. 突っ込んだ部分を巻き込みながら、球状のバブルをつくる。
  4. 次に、約10センチほどのバブル2個作り、根元でロックツイストする。


  5. 再び約10センチほどのバブルを2個作り、同様に根元でロックツイストする。
  6. 余りのバルーンがなるなるまでこれを繰り返す。
  7. バルーンの先端が短くなったら、他のバルーンの隙間に先端を巻き付けて固定する。
  8. ハロウィンのかぼちゃのお化け用に顔をシールやペンで描いたら完成。

※他にも面白いバルーンアートを作ってみよう!

ポイント

・最初に作った球状のバブルがほどけないように注意する。
・約10センチのバブルを均等に作っていく。
・かぼちゃのおばけに見えるように顔を書いていく。

【初心者にオススメ!】
バルーンアートキット

おわりに

今回はハロウィンに使えるかぼちゃのバルーンアートを紹介しました。ハロウィンといえばかぼちゃのお化けを想像する人も多いのではないでしょうか?かぼちゃは野菜のバルーンアートの中でも比較的構造が簡単で、作り方も容易なので初心者にもおすすめです。かぼちゃのバルーンアートがあるだけでもハロウィン会場に雰囲気がでますから是非作って見てください。