▼記事のシェアはこちら

はじめに

このサイトをご覧になっている方はバルーンアートに興味のある方だと思います。バルーンアート作品を見たい方、飾りたい方、作ってみたい方など様々ると思います。もしかしたら、バルーンアートのプロ『バルーンアーティスト』になりたい方もいらっしゃるかもしれません。

好きなバルーンアートをして仕事ができるなんて楽しいですよね。でも、どうしたら初心者からバルーンアーティストになれるかを知っている方は少ないと思います。そこで、そんな方にオススメしたいのはバルーンアートの資格試験にチャレンジすることです。

資格試験の勉強をすることでバルーンに関する知識を増やすことができますし、なによりも合格すればプロノバルーンアーティストとして認定されます。このようなメリットのあるバルーンアートの資格について、ここでは詳しく紹介していきたいと思います。



バルーンアーティストとは

まず、バルーンアーティストとはどのような職業なのかを説明します。バルーンアーティストとは風船で様々なオブジェをつくるバルーンアートを作ったり、バルーンを用いて結婚式やパーティー会場を装飾する人のことです。バルーンアーティストには表現する作品を作る技術やセンスが要求されますが、風船で人を喜ばせることができるためとてもやりがいのある職業です。

バルーンアートの資格『バルーンプロ検定(Bpro検定)』

プロのバルーンアーティストとして認定されるバルーンアートの資格といえば、『バルーンプロ検定(Bpro検定)』という資格です。このバルーンプロ検定はプロのバルーンアーティストとして、必要な知識や技能があるかを評価する検定試験です。17歳以上の方であれば、これからバルーンアートを始める方も受験資格のあるバルーンアートの資格です。



以下に、バルーンプロ検定の詳細を載せます。

【出題範囲】

■筆記試験

以下の3科目の中で除権希望科目を選択する。
①ギフト&アレンジメント
②パーティー&ウェディング
③イベント&ディスプレイ

■技能試験

1科目につき、3種類の仕様書を筆記試験日から1ッヶ月以内に提出。

備考:筆記試験&技能試験ともの100点中80点以上であれば合格。

まとめ

今回はバルーンアートの資格であるバルーンプロ検定(Bpro検定)について紹介しました。現在活躍されているバルーンアーティストの方だけでなく、これからバルーンアーティストを目指す方にもオススメの試験です。バルーンアーティストとして最低限必要な知識や技能をこの検定により認定されますから自信にも繋がると思います。


▼記事のシェアはこちら